院長ブログ

からだの秘密、知って得する情報、健康の体取り戻そう

川崎整体院で「気功・健康セミナー」の開催

7月24日日曜日に当院において一般の方向け「第5回 気功・健康セミナー」を開催いたしました。

 

毎回テーマを決めて開催していますが、今回は後押し(バックボーン)と題して、他院の先生方3人の応援の元開催しました。

 

後押しと言うと「なんだろう」と一見健康に関係なさそうですが、実は私たちは常に後押しの中で生活しています。

 

まずは、自分がこの世に生まれてくるには、過去に何百万人というご先祖がかかわっているわけで、その頂点に自分がいるわけです。

 

そして親・兄弟・親戚等の家族、友人知人、上司や部下等々、身の回り全てが後押しなのです。

 

その後押しを得るとどういう物理現象が得られるか、実技を交えながら出席者に実践していただきました。

 

P1040073

 

P1040072

 

一人がもう一人を支え押されないように頑張ってもらいます。 これを別な方お一人で押していただきます。 本来なら2対1ですから押し切れるものではありませんが、後押しの力を借りると軽々と押すことが出来てしまします。

 

また体の硬い方が、後押しの力を借りると一瞬で柔らかくなります。

 

こういった実技を交えながら、皆さん最初は不思議そうで、又は自分に出来るのだろうかと不安そうではありましたが、実際腕相撲でも後押しの力を借りると女性が男性に勝ってしまいます。

 


P1040069

 

P1040062

 

皆さん笑顔で楽しそうに実施していただきました。P1040066

 

P1040059

 

後押しの原理や良い後押しを得るための方法などを説明させていただき、当院の施術体験、そして最後は皆さんが一番盛り上がる恒例のガラガラによる福引抽選会で終了しました。

 

参加された皆さん。そしてお手伝いしていただいた他院の先生方ありがとうございました。

 

セミナーの開催は不定ではありますが、年内中にもう一度開催したいと考えております。 開催する際にはご案内いたします。

下肢の痛み解消に一役

当院に通院なさっておられる81歳の男性は、整形外科で脊柱管狭窄症と診断され、整形外科や整骨院に行かれていましたが、一向に良くならず、症状としては腰の真ん中(仙骨付近)の痛みと左足のくるぶしの上付近の痛みを訴えていました。

 

当院に来られた当初、整骨院にも併用して通っておられましたが、足に電気(電気マッサージ器)をかけた際激痛が走り、その後は当院だけに通っておられます。

 

私がこの方を最初に施術した時は、最初は右腰と右太腿裏側の痛みとシビレでしたが、3回ほどの施術で痛みは出なくなりましたが、その後左足くるぶしの少し上あたりが痛くなり、酷い時は転げまわるほどの痛みだそうです。

 

最初の右側の痛みは、脊柱管狭窄症による影響とみられましたが、左足下肢の痛みは私の見立てでは狭窄症の関係は薄いと見受けられました。

 

理由は痛みが出ている場所が通常の坐骨神経に関係しない場所であること、一般的な間欠性跛行ではなく、休んでも痛みは引けず、歩かなくても痛みが出るという点です。

 

その方が仰向けに寝た状態で、足先を見ると左足が内に入り、かなり内旋しています。 施術で外旋してみると痛みが引きます。

 

その方は、施術後歩いていると再び痛くなるということで、歩き方の癖で左足首が内旋して左下肢の腓骨に沿った筋肉に硬結ができて痛みを生じているわけです。

 

そこで、足首の内旋を防ぐために足の親指側に体重をかけることや足を前に出し、やや大股でしかも踵から付くようにご指導しましたが、長年の癖はなかなか直りません。

 

そこで、足首が内旋しにくくなるようにテーピングの方法をお教えしました。 その後は、テーピングをしていると調子がいいと言って、お楽になられたようです。

 

足首の捻じれは下肢や膝、股関節、腰、背骨、首などつまり体全体の不調にもつながります。  体の調子が悪い時にご自身で足首を手でゆっくりと回すだけでも、疲れが取れたり、血行が良くなり冷え性などにも効果が出ます。

 

是非試してみてください。

 

 

◆【TOPページはこちら】

 

◆【お問い合わせはこちら】

 

 

手足のシビレ・痛みの原因を例を挙げて解説

当院に来られた50歳代の男性

腕と大腿部のシビレ、痛みで来院しました。

 

状態を聞くと、半年くらい前から「腕は上腕部の内側が、じっとしていてもビリビリト痺れるような痛みがあり大腿部の裏側(通称ハムスト)針で突かれるような痛みが特に座っているときある」とのことで、整形外科に行ったところ、骨には特に異常はないと言われ、様子を見てくださいと言って痛み止めを処方されましたが、一向に改善する様子がないとのことでした。

 

仕事は、デスクワークでほぼ一日中パソコンの作業だそうです。

 

身体を見てみると、まず首がストレートネックになっています。骨盤はやや後傾、足首は両足とも内旋しています。

 

まず、当院の体幹を整える基本施術を施し、特に肩首を緩めました。 その時点で、腕のしびれはほとんどなくなり、さらに僧帽筋の硬結(硬い部分)を緩めると、腕にシビレ痛みはなくなりました

 

次に骨盤と足首を修正し、座ってもらいましたが、いつものシビレ、痛みは出てこなくなりました

 

念のため座った状態で、さらに坐骨を後方へ引き下げたところ、足腰まで軽くなったそうです。

 

ご本人は。久しぶりにしびれや痛みがなくて、体がすごく軽いとのご感想をいただきました。

 

原因を考えると、まずデスクワークで一日中運動量が少ない状態です。 この状態は、静的疲労と言ってあまり動かずパソコン作業のように一日同じ姿勢をとり、一部の筋肉(この場合は指を使うことによって、前腕および肩の筋肉)が微弱な力を長時間出しているということになります。

 

肉体労働は、筋肉疲労(動的疲労と言います)はしますが、血流が良い分回復も早いのですが、比較して静的疲労は、血流が悪いため疲労物質の流が悪く、疲労が残ってしまします。

 

しかも、微弱な力を出すときには、奥深い筋肉(インナーマッスル)を使うため、初期の段階では疲労はあまり感じません。

 

しかし、長期間その労働が続くと、インナーマッスルが硬くなり、神経を圧迫して、痛みやシビレが伴います。 その痛みは人によって表現の違いがありますが、ビリビリとか、ジンジンとか、チクチクとか、たまにズキッというような場合もあります。

 

普段の生活は痛いながらも普通にできます。 だからと言って放っておくと四十肩に発展したり、指のこわばり、バネ指、指の関節炎などにも関係します。

 

身体の歪みの特徴として、頚椎が正しい湾曲でなくなっていたり、僧帽筋や棘上筋が凝る又は硬結があります。 中には僧帽筋の上部にうっ血が見られる場合があります。

 

ハムストのシビレ・痛みは、やはり長時間座っていることによって、ハムストが圧迫されて、血流が悪くなり、加えて姿勢が悪く、いわゆる背中を丸めて、前傾姿勢での作業をしていると骨盤が後継となり、坐骨神経やハムストの神経を圧迫して、痛みやシビレに繋がります。

 

また、足首の内旋は、膝や股関節に負担を与え、骨盤の歪みを助長します。

 

こうなると満身創痍といってもよいくらいで、体のあちこちに不調が出てきます。 いつも体のどこかに違和感やシビレ、痛みを感じ、すっきりしない毎日になり精神的に落ち込んだり、ちょっとしたプレッシャーにも勝てず、うつ状態になってしまう場合も考えられます。

 

今回の男性の場合は、一見楽そうなデスクワークを続けていることが原因と見受けられましたので、作業姿勢やただ座りっぱなしでなく、10分に一度くらい立ち上がったりすることを心がけてもらい、腕のストレッチをお教えしました。

 

一回の施術でだいぶお楽になりましたが、長年の体の疲労はそうそう抜けるものでもありませんから、何回かは通っていただくことになりますし、きちんとした睡眠、ぬる湯の長湯、ウォーキングのような軽運動の生活習慣を身に着けていただくように指導させていただきました。

 

 

◆【TOPページはこちら】

 

◆【お問い合わせはこちら】

 

 

身体の不調 原因と解説

皆さんの中で、体の不調を訴える方は多いかと思います。

もちろん、その部位や程度は人それぞれでしょう。

例えば

腰が痛い

肩が凝る

手足がしびれる

等々その症状もそれぞれです。

 

ではそうなってしまう理由(原因)は・・・。

 

ケガや何らかの細菌・ウィルスによるものは別として、そのほとんどは慢性化したものです。

 

それは、日頃の生活習慣が大きく関係しています。

 

その生活習慣でも、ほとんどの方が気付かないのが姿勢です。

 

立ち方、座り方、歩き方に大きな原因があります。

 

これらは子供のころから誰にも教えてもらっていない方がほとんどと思います。つまりほとんどの方が自己流の姿勢を取っているわけです。

 

想像してみてください。

家族や知り合い、ご近所の方。 これらの身近な方は遠くから、もしくは後ろ姿やシルエットでも「あっ!あそこにいるのは誰々さんだ」とわかる場合が多いと思います。

 

それはその方の体形に加え、姿勢や歩き方に癖があるからです。

 

あなたは、歩くときノーマルに歩いていると思いますか、それどころかそういったことに意識すらしたことがないのではないでしょうか。

 

それほど私たちは姿勢に関しては無頓着なのです。

 

当院を訪れる方々は、腰痛にしろ坐骨神経痛にしろ、はたまた膝や股関節の痛み、肩こりまで、姿勢を治せば良くなる方がたくさんいます。

 

特に腰痛や股関節、膝痛は足首の捻じれが原因の方が多く見受けられます。

 

そういった方々は、内股の方が多く、足首が内側に内旋している場合が多く見受けられます。 足首を修正しただけで股関節痛や膝の痛み、腰痛まで改善する方が結構います。

 

そして、歩き方のご指導をしたり、足首が内旋しにくいようなテーピングのやり方をお教えしたり、体操をお教えしたりします。

 

身体が間違った姿勢や歩き方をしていても直ぐに悪くなるのではありません。 悪い癖がついても体は相当我慢してくれています。 10年~20年若しくは30年と我慢してくれます

 

そして、体の我慢が限界に達した時に、痛みと言う警鐘で「体を治してください」「もう限界です」「このままでは壊れます」といったサインを出してくれているのです。

 

つまり痛みが出た段階で既に慢性化しているということです。

 

長い時間かかって悪くなったわけですから、それが短期間で良くなるものではありません。 回復するにはやはり長い時間を要します。

 

よく初めてきた来院者から「3~4回で治る?」「何回くらいでよくなる?」と聞かれることがあります。

 

正直、捻挫やぎっくり腰のように一過性のものであれば、早い段階で良くなりますが、慢性的なものは直ぐには良くなりません。

痛みは早いうちにかなり少なくなりますが、生活習慣つまり普段の姿勢の癖が直らなければまた痛くなるは当然です。

 

私は良く例えて、

 

泥んこ遊びをしながら体を綺麗にできませんよね。 一旦泥んこから出て体を綺麗に洗わなければなりませんし、綺麗になったからと言って再び泥んこに戻れば直ぐにまた泥だらけになります

 

とご説明しています。

 

ですから、回復するにはいかにその方が生活習慣を修正してくれるかが問題になります。

 

もちろん、今だけ痛くなくなればいいという方もいらっしゃいます。 しかし、それを続けていると何をしても元に戻らない状態になってしまします。

 

何回施術すればではなく、いかに生活習慣を修正できるかが回復への近道なのです。

 

今回は生活習慣の中でも、特に姿勢についてお話ししましたが、その他にも食事(食べ方や食べ物)・睡眠・入浴・ストレス・仕事の内容・家族関係・常用している薬(サプリメントも含む)・運動等、人を取り巻く環境全てが生活習慣に関係してきます。

 

当院では施術に加えて、そういった生活習慣の原因も見つけ、ご指導していますが、それが早期に回復し、再び悪くならない秘訣だと考えています。

 

 

◆【TOPページはこちら】

 

◆【お問い合わせはこちら】

 

 

本気で良くなりたい方は、からだ回復院ハーモニーへ是非

  • エース療法って
  • 施術方法・内容
  • こんな症状が出ている方へ
  • 料金案内・クーポン
  • お客様の声
  • アクセス・施術院概要
神奈川県川崎市にあるからだ回復整体ハーモニー回復院は、JR川崎駅より徒歩5分にあります。
ACE療法は、押したり、揉んだりする痛気持ちいい整体とは違い、手技のみで体を揺すったり、さすったり、軽く引いたりします。そして脳幹反射を利用し、人間が本来持つ自然治癒力を最大限にアップし、体を悪くなる前の本来の状態に戻す完全無痛の療法です。また、普段ご自分でできる対処方、ストレッチ、体操等もご指導いたします。
これまで色々な病院に行ったけど治らなかった方や、痛いのは年のせいだと諦めていた方等が口コミで来院し、数回の療法で目に見える効果を体験して快適な生活を取り戻されています。
からだ回復整体ハーモニー回復院
【住所】 川崎市川崎区小川町7-4 アービラ川崎 1005
【診療時間】 午前9:00~12:00 午後14:00~19:00
【定休日】 月曜と不定休
からだ回復整体ハーモニー回復院
川崎より徒歩五分
初めての方はこちら
エース療法の魅力 施術方法・内容 こんな症状が出ている方へ 料金案内・クーポン お客様の声 アクセス・施術院概要 ご予約・お問い合わせ
院長ブログ
からだ回復整体ハーモニー回復院
【住所】 川崎市川崎区小川町7-4
アービラ川崎 1005
【診療時間】 午前9:00~12:00
午後14:00~19:00
【定休日】 月曜と不定休
0442463770
エース療法
  • ・屈曲姿勢での腰痛・静止状態での腰背部痛・腰部周辺の違和感・腰痛
  • ・特定の股関節痛・骨盤周辺の違和感・股関節及び足首間接の動作の不具合 ・背中の痛み
  • ・疲労や背部周辺の痛み・ヘルニア予備軍・ふくらはぎの強い張り・骨盤の可動不良
  • ・手足の腫れ・肩甲骨・四十肩・五十肩・首の痛み・鎖骨の可動不良・呼吸に関連した症状
  • ・胃の痛み・胸部の違和感・からだ全体の歪み・頭痛 ・耳鳴り・軽度のめまい
エース療法